課外講座『装潢文化財の劣化損傷』 が行われました。

昨日、半田昌規氏(株式会社半田九清堂代表取締役、国宝修理装こう師連盟理事)をお招きし、課外講座「装潢文化財の劣化損傷」を開催しました。

和紙に顔料や墨で描かれた作品が劣化するとはどういうことなのか、科学的な視点を交えてお話くださいました。

半田先生が現在、工房で修復を進めている作品についてもお話いただきました。現代の作品はさまざまな画材や技法を用いた作品が多く、修復が難しいものもあるそうです。

制作する側として、作品の保存や残すことについて心に留めておこうと感じつつ、最後に、「修復は我々に任せて制作する方は思い切り制作をしてください」とおっしゃった先生の言葉が印象的でした。

半田先生ありがとうございました。

 

thumb_IMG_5212_1024   thumb_IMG_5217_1024

1年 造形基礎・選択 Fundamental Subjects for Art and Design「アーティストと言う生き方を選ぶ」 特別講師 村瀬 恭子氏

thumb_IMG_5071_1024 thumb_IMG_5076_1024

 

9月15日の栗林隆客員教授による授業(造形基礎・選択 Fundamental Subjects for Art and Design「アーティストという生き方を選ぶ」)は、多摩美術大学絵画学科油画専攻で作家の村瀬恭子さんを特別講師にお迎えしました。

今までの作家活動について、スライドで作品を観ながら、栗林先生との対談形式でお話いただきました。

作家として核にしていること、どのように制作しているかという具体的なお話、社会と作品とのつながり等、学生からの質問に答えていただきながら、とても大切なお話をお聞きすることができました。

村瀬 さん、ありがとうございました。

栗林隆先生によるアーティストトークがありました

7月9日に武蔵野美術大学美術館にて、当学科客員教授の栗林先生によるギャラリートークが行われました。

本講演では、今の社会や現代に起こる事象を取り上げて形にし、その作品を通してアーティストと
人間や社会との関わりを追求していく栗林先生の制作への姿勢についてのお話を聞くことができました。
インドネシアを拠点に世界各地を取材し制作を行っている栗林先生ならではの考えを聞くことで、
作家のあり方について改めて考える機会をいただけました。

IMG_4749  IMG_4753

IMG_4751 IMG_4756

箔を焼く

箔押しの指導に続き、2年生を対象に、箔の焼き方の授業が行われました。

本学科非常勤講師の岩田先生に教えていただきました。

 

箔は化学反応を利用して、色を変化させることができます。日本画ではこれを、箔を焼くといいます。

銀箔は硫黄を使用します。平押しした銀箔の上に、硫黄液をぬり、しばくおくと少しずつ茶色っぽく変色してきます。

硫黄液をしみこませた紙を画面にあて、アイロンをかけて焼くこともできます。

銅箔は、酸化させることで色が変わります。腐食液を塗布し、しばらくおくときれいな緑青色になりました。

まるで理科の実験のよう、みるみる変化する箔に、みんな熱心に見入っていました。作品にどう生かされるのか楽しみです。

 

岩田先生、ありがとうございました。

 

IMG_4486

銀箔に硫黄液を塗っています。

はくやきアイロン

硫黄液を染み込ませた紙の上からアイロンで熱をかけています。

IMG_4492

パネル右端の緑色の部分が銅箔を焼いたものです。

3年生スケッチ旅行

6/4(土)〜6/6(月)3年生の風景課題の授業の一貫として、日光スケッチ旅行が行われました。

霧降高原、霧降の滝、日光市内、それぞれに思いの場所でスケッチを行い、夜は講評会を行いました。

学校を離れ、自然の中でのスケッチを終え、新たな気持ちで制作が始まります。

 

thumb__MG_3792_1024

thumb_IMG_3674_1024

thumb_IMG_3708_1024

  thumb__MG_3891_1024

IMG_3747  

_MG_3975 

膠講義が行われました。

5月23日、26日に膠講義が行われました。

文星芸術大学後期博士課程を修了し、近代日本美術の研究をしつつ画家として活動をしている後藤秀聖氏をお呼びし、
23日には膠作りの歴史や研究会の活動についての講義、
26日には魚、牛、鹿の三種類の膠作りが行われました。
普段何気なく使用している膠を深く学び、実際に一から作り使用することが出来るという貴重な体験に、生徒も先生も一緒になって目を輝かせていました。

 

thumb__MG_3540_1024 thumb__MG_3580_1024

thumb__MG_3598_1024 thumb__MG_3621_1024 

thumb__MG_3633_1024 thumb__MG_3646_1024

新体操ドローイング

「身体性とドローイング」、3年生の4週間連続ドローイング授業です。
3週目の昨日の月曜日は、日本女子体育大学新体操部の1年生にムーヴィングモデルをしていただきました。競技用の衣装や稽古着でダンスや柔軟体操、手具ラ バークラブを持つダンスなど、学生たちは彼女たちのしなやかなフォルムと美しい動きを見つめながら、動くフォルムと空間をドローイングをしていました。新 体操を学ぶ彼女たち、純朴で初々しくて、アトリエに舞う妖精のよう!!学生も教員もみんな感動のひとときでした。
ドローイングが終わって着替えたのは、日本女子体育大学新体操部のTシャツ、そしてラバークラブを入れる手製のペコちゃんバッグ、ピンクのスニーカー、帰る時までお洒落で可愛かったです。

 

R0001453 R0001461 R0001463 R0001469 R0001484 R0001487

 

 

ちんどん屋さん

3年生の人物ドローイングの授業にて、チンドン屋さんをお呼びしました。
毎年この時期の人物課題にて、色彩豊かな衣装で演奏し愉快な音楽で賑わせてくれます。
楽しげな曲と笑顔で筆も軽やかに動きそうなひとときです。

_MG_3483 _MG_3495

_MG_3501

3年生 身体性とドローイング 授業風景

3年生の人物課題、身体性とドローイングで、出月先生による授業がありました。

学生には、普段描いているドローイングや作品をファイリングし持参してもらいました。

そのファイルを見ながら、何に興味があるのか、何がしたいのか、言葉にしながら意見を述べあいました。

 

thumb__MG_3473_1024  thumb__MG_3472_1024

授業後、出月先生と一緒に研究室の図録を見る3年生たち。

thumb__MG_3474_1024

出月秀明氏 特別講義 が行なわれました。

thumb__MG_3463_1024

thumb__MG_3470_1024

5/16(月)、出月秀明氏をお招きして特別講義を行いました。

ドイツのこと作品のこと、制作のことなど、お話しいただきました。

 

来週から、出月先生が出品する展示が大学美術館で開催されます。

ポスター

ー平面を超える絵画ー

会期:2016年5月23日(月)-8月10日(水)、8月20日(土)、21日(日)
   休館日 日曜日、祝日
 ※6月12日(日)、7月18日(月・祝)、8月21日(日)は特別開館
時 間:10:00ー18:00 (土曜日、特別開館日、7月25日-8月10日は17:00閉館)
入館料:無料
会場:武蔵野美術大学美術館 展示室4、アトリウム2
主催:武蔵野美術大学 美術館・図書館
協力:武蔵野美術大学 日本画学科研究室