Noriaki Kitazawa / Guest Professor

顔写真

1951 東京生まれ

1990 サントリー学芸賞受賞

現在  美学会、表象文化論学会、美術評論家連盟、日本図書館協会所属

女子美術大学教授

著書

『〈列島〉の絵画―「日本画」のレイト・スタイル』(ブリュッケ、2015年)『日本美術全集』第17巻「前衛とモダン」(共編著、小学館、2014年)

『美術の日本近現代史―制度 言説 造型』(共編著、東京美術、2014年)

『反覆する岡本太郎 あるいは「絵画のテロル」』(水声社、2013年)

『美術のポリティクス―「工芸」の成り立ちを焦点として』

ゆまに書房、2013年)

『定本 眼の神殿―「美術」受容史ノート』(ブリュッケ、2010年、初版1989)『「日本画」の転位』(ブリュッケ、2003年)

『アヴァンギャルド以後の工芸―「工芸的なるもの」をもとめて』

美学出版、2003年)

『境界の美術史―「美術」形成史ノート』(ブリュッケ、2000年)

岸田劉生と大正アヴァンギャルド』(岩波書店、1993年)

著書写真