展示のお知らせ


大倉集古館にて行われる特別展にて、本学科専任教員の間島秀徳先生の作品が展示されます。
皆様ぜひご高覧ください。

■特別展 Fusion~間島秀徳 Kinesis/水の宇宙and大倉コレクション~
間島先生による「Kinesis(変容・変化・変成)」連作などの作品と、画家の眼により選ばれた大倉コレクションの名品をコラボレーション展示します。
日本画の伝統に捉われない革新的な技法で作品を生み出して来た間島先生の作品と、中世から近世に亘る日本絵画の粋を同じ空間に配し、美術鑑賞における多彩な視点を生み出すことをコンセプトとしています。

会  期:2021年6月15日(火)~8月15日(日)
開館時間:10:00 〜 17:00(入館は16:30まで)
入 館 料 :一般1300円/大学生・高校生1000円/中学生以下無料
※7月18日(日)は臨時休館の可能性がありますので、大倉集古館までお問い合わせください。
※武蔵美の学生証を提示していただくと、特別割引料金の500円でご覧いただけます。

◆Specialトーク・セッション
登壇者:野地耕一郎(泉屋博古館東京 館長)、間島秀徳(画家)
司 会:田中知佐子(当館主任学芸員)
日 時:2021年7月24日(土) 14:00 〜 15:30
参加料:無料(Fusion展の入場券が必要です)
会 場:大倉集古館 B1ホール、全席自由

◆アーティスト・トーク
2021年7月6日(火)、8月3日(火) 14:00 〜 15:00
◆当館学芸員によるギャラリー・トーク
2021年6月26日(土)、7月31日(土) 14:00 〜 15:00

◆公開制作
展覧会期間中に当館B1F展示室にて、間島先生が作品を制作いたします。
※在館日は不定期となりますのでご了承ください。

イベントのお申し込み・お問い合わせ先
TEL:03-5575-5711
大倉集古館(10:00 〜 17:00)
https://www.shukokan.org/

膠を旅するー表現をつなぐ文化の源流

本学科名誉教授の内田あぐり先生監修の展覧会「膠を旅するー表現をつなぐ文化の源流」が、
武蔵野美術大学美術館にて開催されます。皆様、是非お越しください。
以下詳細です。


本展は、本学共同研究「日本画の伝統素材『膠』に関する調査研究」の成果発表展として、
膠づくりの歴史的・社会的背景を見つめ直す現地調査のドキュメントを中心に、実際の動物の皮といった実物資料、
さらには当館所蔵の日本画等の膠を用いた作品表現をご紹介します。

「膠を旅するー表現をつなぐ文化の源流」
主 催:武蔵野美術大学 美術館・図書館
監 修:内田あぐり(武蔵野美術大学 名誉教授)
開催期間:2021年 5月 10日(月) ~ 2021年 6月 20日(日)
開催時間:10:00~18:00
 (土曜、特別開館日は17:00閉館)
休館日:日曜日
会 場:武蔵野美術大学美術館 展示室4・5
お問い合わせ先:
武蔵野美術大学 美術館・図書館
東京都小平市小川町1-736
Phone:042-342-6003


また関連書籍『膠を旅する』が内田先生監修の元、5 月初旬に国書刊行会より発行予定です。
ISBN:978-4-336-07184-2

武蔵野美術大学日本画学科学部4年・大学院2年有志展 ひととなり

来週から学部4年・大学院2年生による有志展 「ひととなり」を開催いたします。

今年で21回目となるこの展覧会は、学生が主体となって、企画/運営、広報物の作成やイベントの実施などを行い、学内外に向けて作品発表を行う機会となっています。昨年度は残念ながら開催中止となりましたが、今年は感染拡大に留意して開催の運びとなりました。

4月29日(木)16:00からは、東京大学東洋文化研究所の塚本麿充先生をお迎えして、「日本画と東洋の絵画」というテーマでトークイベントを実施します。時節柄ご無理のない範囲でぜひご高覧ください。※緊急事態宣言発令に伴う入構制限のため、オンラインでの実施に変更 学外へは後日 Youtubeで配信予定です。

なお、展覧会観覧のための外部からの入構は可能ですが、会場入り口での検温と連絡先の記入にご協力ください。

参加者:武蔵野美術大学日本画学科 学部4年生・大学院日本画コース2年生
開催期間:2021年 4月 22日 ~ 2021年 5月 5日
開催時間:9:00~17:00
会場名:武蔵野美術大学12号館地下展示室
会場住所:東京都小平市小川町1-736 武蔵野美術大学12号館地下展示室
URLなど:〈facebook〉   https://m.facebook.com/mau.hitotonari2021/
〈Twitter〉  https://twitter.com/maujp2021
〈instagram〉 https://www.instagram.com/musabinihonga12/?igshid=1jh31k8z3iuklHWj

2020年度 武蔵野美術大学大学院 修士課程 日本画コース 修了制作展 ご案内

本日から、武蔵野美術大学 修士課程 日本画コース 大学院2年生による修了制作学外展が佐藤美術館にて始まりました。
概要は下記の通りです。
 
〈2020年度 武蔵野美術大学大学院 修士課程日本画コース 修了制作展〉
◯会期:2021年3月18日(木)〜3月25日(木)
◯休館日:3月22日(月)
◯開館時間:10:00〜17:00(入場は16:45まで)
◯入場無料
◯会場:佐藤美術館(新宿区大京町31-10)
JR総武線「千駄ヶ谷駅」より徒歩5分
JR総武線「信濃町駅」より徒歩5分
大江戸線「国立競技場駅」A3出口より徒歩4分
 
 
※新型コロナウイルス感染症の状況により開館時間などが変更になる場合があります。
来場の際は佐藤美術館twitterやホームページをご確認下さい。
 
学内展には出品されていない作品もございますので、是非ご高覧いただけましたら幸いです。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

令和二年度 卒業・修了制作展

制作研究の集大成ともいえる卒業・修了制作/研究が、鷹の台キャンパス全体をギャラリーとして展示されます。

 

「令和二年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作展」

◯日程:2021年3月11日(木)~2021年3月14日(日)
   10:00-17:00 *入場は16:00まで 
 
◯会場:武蔵野美術大学 鷹の台キャンパス(東京都小平市小川町1-736)
※お車でのご来場はお控えください。
 
◯お問い合わせ先:学生支援グループ 教務チーム Tel:042-342-6044(9:00〜16:30)
 
◯入場料:無料
*本年度は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点より、一般公開でのご来場に際し、学外の方につきましては以下専用webサイトからの事前予約が必要となります。
予約開始:2月25日(木)10時
https://www.e-tix.jp/musabi_ds2020/

 

なお、今後の新型コロナウイルスの感染状況等により、一般公開を行わない場合もございますので、予めご了承ください。
その他、開催日程・実施方法・内容等の変更がある場合は、本学webサイトでお知らせいたしますので、必ず事前にご確認くださいますようお願いします。

 

※日本画学科の展示場所は下記の通りです。

◯学部4年生:5A号館1〜4階

※以下の学生の作品は5A号館以外の場所で展示される予定ですので、ご注意ください。

・梅津菜々子:9号館地下小展示室

・富田凪:12号館地下展示室

・野田大地:9号館1階ゼロスペース

 

◯大学院2年生:美術館展示室2、2号館514

 

 

第44回東京五美術大学連合卒業・修了制作展(五美大展)のお知らせ

2月20日から、第44回東京五美術大学連合卒業・修了制作展(五美大展)が開催されます。

日本画学科からも4年生・大学院2年生が卒業・修了制作の一部を出品しておりますので、ぜひご高覧いただければ幸いです。

 

「第44回東京五美術大学連合卒業・修了制作展」

◯日程:2021年2月20日(土)~2021年2月27日(土)
   10:00-18:00 *入場は17:30まで *休館日:24日(水)
 
◯場所:国立新美術館(東京都港区六本木7-22-2)
 
◯参加大学:日本大学芸術学部 / 武蔵野美術大学 / 多摩美術大学 / 女子美術大学 / 東京造形大学
 
◯入場料:無料
◯HP:http://www.tokyo-gobidai.com/   (展覧会HP)
   こちらで出品作品の画像をご覧いただけます。
   ※国立新美術館の新型コロナウイルス感染症対策の最新情報は、館のホームページ(https://www.nact.jp)でご確認ください。

4の気配 武蔵野美術大学日本画学科研究室スタッフ研究発表

この度、日本画学科研究室のスタッフ4名による展覧会を下記の通り開催いたします。

ご無理のない範囲で足を運んでいただけますと幸いです。

 

「4の気配 -武蔵野美術大学日本画学科研究室スタッフ研究発表-」

出品作家/秋葉麻由子、川名晴郎、手嶋遥、宮城彩

会期/2020年2月28日(日)〜3月14日(日)11時〜17時 月曜休

※DMには19時までと記載されていますが、現在コロナウイルス感染拡大防止の趣旨からギャラリーの営業時間が17時までとなっております。会期中に変更される可能性もありますので、最新の情報は下記のHPからご確認ください。

会場/UNPEL GALLERY

〒103-0027

東京都中央区日本橋3-1-6

あいおいニッセイ同和損保八重洲ビル1階

TEL/03-3548-7780 FAX/03-3548-7781
MAIL : tsubaki@un-pel.com

https://unpel.gallery

主催/武蔵野美術大学日本画学科研究室

※入場無料

 

 

 

 

 

昨年末に行われた山本直彰退任展では、中止となったギャラリートークに代わりアーティストトークが行われました。
新作を中心とした出品作や本展覧会についてお話しされた映像が美術館ホームページにて公開されております。

https://mauml.musabi.ac.jp/museum/events/17219/

 

 

また、非常勤講師の小金沢智先生が研究室にて山本先生にインタビューした映像を、ご自身のYoutubeチャンネルに公開されています。
1986年制作の自画像作品や、先日行われた退任展の出品作についてなど様々な面からご自身の制作について90分間お話しされています。

https://m.youtube.com/watch?v=JkCfwh6eBAk&feature=youtu.be

ぜひご視聴ください。

阪本トクロウ先生 個展のお知らせ

本学科で非常勤講師をなされている阪本トクロウ先生による個展が開催されております。
皆様ぜひご高覧下さい。

阪本トクロウ デイリーライブス

2021年1月9日(土)-2月28日(日)
※1月27日(水)、2月17日(水)、24日(水)は休館日
10:00-19:30

武蔵野市立吉祥寺美術館
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-16
コピス吉祥寺A館7階
http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/
0422-22-0385

入館料 一般300円、中高生100円
小学生以下・65歳以上・障がい者の方は無料

*スペシャルトーク
出演:齋 正機(日本画家)×阪本トクロウ
日時:1月24日(日)14:00-15:30
定員:40名 参加費:無料(当日の美術館入場券が必要です)
1月10日10時より、お電話または美術館窓口にて受け付け開始
※一回のお申し込みにつき2名まで

また、2月からはアートフロントギャラリーでも最新作の個展が開催されます。

gap

2021年2月5日(金)-3月7日(日)
※月・火曜日は休廊
水-金12:00-19:00 土日11:00-17:00

ART FRONT GALLERY
〒150-0033
東京都渋谷区猿楽町29-18ヒルサイドテラスA棟
http://www.artfrontgallery.com

山本直彰先生 退任展のお知らせ

本学科特任教授 山本直彰先生による退任展、『DOOR IS AJAR ドアは開いているか 山本直彰展』が武蔵野美術大学美術館にて開催されます。
もともと5月に開催予定の退任展でしたが新型コロナウイルスの影響により11月16日から開催される運びとなりました。
本展タイトルにある「Ajar」とは、ドアなどが半ば開かれた状態を指します。内と外、自己と他者、生と死といった、相反する様々なものを分かちつつ結ぶ存在であるドアを基点に、聖書あるいは神話、小説といった物語を発想源とする近年の代表作約20点と、過去、現在、未来を彷徨する「時間」を主題とした大型の新作を展示しております。
ぜひみなさま、ご観覧ください。

なお、新型コロナウイルス感染拡大防止のため美術館入り口にございます受付に最初にお立ち寄りいただきますようお願い致します。

(詳細)
『DOOR IS AJAR ドアは開いているか 山本直彰展』
会期:2020年11月16日(月)〜 12月19日(土)
開館時間:10:00〜18:00(土曜日、祝日は17:00閉館)
休館日:日曜日 
会場:武蔵野美術大学美術館 展示室3・4 
   〒187-8505 小平市小川町1-736
   HP:https://mauml.musabi.ac.jp/museum/events/16434/